・01/07


 
 
ある日曜日、数ヶ月ぶりにGvGをやってみたいと思い立った。
だが、また一から自分のギルドを運営していく気力は既に無く、
今回は一人の傭兵として、GvGギルドに雇ってもらえるよう、
様々なギルドに自分を売り込もうとしたのだけれど、
最早、僕の悪名はサーバー中に知れ渡っているのか、
 
「すみません、ギルメンが気味悪がっているので今回は…」
「ごめん、無理ww」等々言われ、
どこのギルドも門前払いだった。
考えてみれば無理もなく、
僕はもう完全に一人の悪人として孤立していたのである。
 
 
こりゃギルドに入るのは無理かと諦めかけていた時、

神の創りし虹色の歌というギルドのギルマスは、
難色を示さず、僕を受け入れてくれる素振りを
見せるではないか。
 
 
 


傭兵としてスムーズに加入が決まった。
 
 
 

構成員も多く、平均レベルも高い。
今晩のGvGが楽しみだなと意気揚々とした心持ちになり、
自分は夜に備えてログアウトした。
 
 
夜、ログインしてみると僕は脱退させられていた。
どういうことだとギルマスと連絡をとると、
やはり一部のギルメンが僕のことを敵対視しているようで、
僕の加入を断固、反対したとのことだ。
 


このことに、ギルマスのSho-1は
「あの馬鹿ギルメン達はゴミみたいな発言をする」
「ギルメン達は口だけは達者」等、
僕の肩を持ってくれる発言をするものの、
結局、ギルマスは事態を天秤にかけ、僕を切り捨て保身に走った。
 
つまりギルマスは向こうもおだてて、こっちもおだてるという
手法をとることにより、事態の収拾を図ったと僕は推測する。 
本当にギルマスがギルメンに対して怒り心頭しているのであれば、
そのギルメンを切り捨てればいいだけの話であって、
あえて僕に対して、こういう発言をするギルマスを僕はなかなか狡猾だなと
思うと同時にだからこそギルマス格なのかとも思った。
 
 
ともかく、GvGに於いて僕の居場所は無いに等しい。
畜生、GvGが犬の糞のように見えてきたぜ!!
こんな糞遊戯、僕がぶち壊してやる。
奴らの慌てふためく姿が目に見えるようだ。

次へ


手記
11/03
10/28
08/02
07/26
07/14
07/01
06/06
↑2009年
------
10/08
09/23
09/01
08/27
↑2007年
------
09/02
08/25
08/22
08/20
WoW03/10
WoW02/21
WoW01/21
WoW01/10
WoW01/06
↑2006年
------
WoW12/29
WoW12/26
WoW12/25
WoW12/24
MoE10/27
WoW10/09
MoE09/20
RO09/11
MoE09/11
MoE09/03
MoE08/29
MoE08/28
WoW08/27
MoE08/26
WoW08/25
08/24
01/09
01/07
↑2005年
-----
12/14
11/13後編
11/13前編
11/12
11/11
10/16
10/12
10/10
10/06
***に寄生中 
08/21
08/15
08/06
08/02
08/01
07/30
07/27
07/25
07/24
07/23
07/19
07/16
07/15後編
07/15前編
07/14
07/12
07/11夜
07/11
07/08
07/07
07/04
07/03
07/02
07/01
06/30
06/28
06/27
06/09
06/07
06/06
06/04
06/03
06/02
06/01
05/31
05/30
05/29
05/28
前書き