・07/24


 
 
 
 


狩りの最中、マルドナードから耳打ちが入る。
マルドナード軍のHysokaという人物が僕に連絡をとりたいのだそうだ。
 
 
 

耳打ちでHysokaと話してみると、
彼はフェイタンだと名乗った。
 
 
 
 
フェイタンとはUO時代AsukaシャードのPvPerとして、
名を馳せていた害児のことで、
派閥戦争を一緒に戦い抜いてきた僕の戦友でもあるのだ。
フェイタンとHysokaは友人同士で、今はHysokaのキャラを通じて、
フェイタンが操作しているらしい。
 
 
 

また、Hysoka本人はというと、マルドナード軍を抜け、
僕のギルドに移ることを望んでいた。
手続きをとるため、僕は彼をアルデバランに呼び寄せた。
 
 
 

しかし、マルドナード軍を捨て、
ウチに来るとは思い切った決断をしたもんだ。
 
 
 

あれ?
マルドナードも同伴か。
 
 
 
 
  
どうやら勝手についてきたらしい。
 
 
 

マルドナード軍を抜ける直前のギルド会話が目に浮かびそうである。
ともかく、Hysokaは決心したようだ。
 
 
 

一方、マルドナードは僕らの周りをうろつき、
離れようとしない。
 
 


痺れを切らせたフェイタンがマルドナードを説得しだした。
 
 




フェイタンの説得虚しく、マルドナードは要領を得ていなかった。
 
 
 
 
 
フェイタンが苛立ち始めた。
アルデバランに不穏な空気が漂い始める。
 
 
 
  
フェイタンはなんとかマルドナードに状況を理解してもらおうと、
再度説得に当たろうとするのだが、
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
バイトの時間が迫っていたことから、フェイタンはマルドナードに一から
状況を説明することが馬鹿らしくなってしまい、
 
 
 
 
喧嘩腰に。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
  
 
 
 


 
 
 



そう言うと、彼はアルバイトに出向いたのであった。

次へ


手記
11/03
10/28
08/02
07/26
07/14
07/01
06/06
↑2009年
------
10/08
09/23
09/01
08/27
↑2007年
------
09/02
08/25
08/22
08/20
WoW03/10
WoW02/21
WoW01/21
WoW01/10
WoW01/06
↑2006年
------
WoW12/29
WoW12/26
WoW12/25
WoW12/24
MoE10/27
WoW10/09
MoE09/20
RO09/11
MoE09/11
MoE09/03
MoE08/29
MoE08/28
WoW08/27
MoE08/26
WoW08/25
08/24
01/09
01/07
↑2005年
-----
12/14
11/13後編
11/13前編
11/12
11/11
10/16
10/12
10/10
10/06
***に寄生中 
08/21
08/15
08/06
08/02
08/01
07/30
07/27
07/25
07/24
07/23
07/19
07/16
07/15後編
07/15前編
07/14
07/12
07/11夜
07/11
07/08
07/07
07/04
07/03
07/02
07/01
06/30
06/28
06/27
06/09
06/07
06/06
06/04
06/03
06/02
06/01
05/31
05/30
05/29
05/28
前書き