・06/07


 
 
 
単独狩りに疲れた僕がふらふらと向かった先は、プロンテラ宿屋であった。
ここには、PvPドアマンがいる為、常日頃から猛者共の溜まり場になっている。
今の僕に必要なのは、休息ではなく、人間の血、なのだ。
 
 
 

宿屋に入るやいなや、
突然、Wizが奇声を発し、敵意を剥き出しに!!
 
 
 
 
 
その奇声で僕は察した。僕の前に座った以上、
奴には殺意があると見た。顔を見ればわかる。
 
 
 
 
2次職を相手に挑発を試みる。
 
 
 

なにをたわけたことを、と
この条件に奴は余裕の表情だ。
自信があるってことだな。
 
 
 

なんてこった。
 
 
 

そんなこと言わず勝負してくれよ
 
 
 

万が一にも、負けられないのか、+9の彼は誘いに乗らない。
この泥沼問答に辟易し、横から割って入ってきたのが、
 
 
 
 
このクレスタだ。彼もまた、僕の隣に立っている以上、
殺意があるに違いない。顔を見ればわかる。
 
 
 
 

お前とは初対面だ、気安く呼ぶなと凄むクレスタ
 
 
 
 
そんなことより僕と勝負してみないか
 
 
 

彼は勝負と条件を受け入れてくれた。
やはり、トヨタ車はこうでなくちゃな。
 
 
 
 
男は黙ってナイトメアルームでガチンコ勝負なのである。
 
 
 

待機室で待つ。
 
 
 

クレスタ以外は観戦者らしい。
 
 
 

 
 
 

一同はコンパスルームへ。
 
 
 

闘技場に着き、
 
 
 

試合開始。
 
 
 

開始早々、ユピテルサンダーを喰らう。
いきなり死にかけた。奴は殺る気だ。
 
 
 

こっちも負けじとバッシュで対抗だ。
しかしなかなか当たらない、攻撃はからぶるばかり。
このままじゃ、奴には勝てそうにない。
 
 
 
 
こうなったら、奥の手を使うしかなさそうだな。
 
 
 

今日の僕が這々の体で集めた古木の枝8本を奴にぶちかます。
これが今の僕の精一杯。
しかし、ロクなモンスターが出てないな。なんだこれ。
 
 
 

肉弾戦で殺るしかない。
焼かれながらも、必死で攻撃する。
 
 
 

しまった。
 
 
 

くそ
 
 
 

今日のところはこれくらいで勘弁してやるか。
 
 
 

ファイトマネーとして、観戦者から色々もらった。
 
 
 
 

次へ


手記
11/03
10/28
08/02
07/26
07/14
07/01
06/06
↑2009年
------
10/08
09/23
09/01
08/27
↑2007年
------
09/02
08/25
08/22
08/20
WoW03/10
WoW02/21
WoW01/21
WoW01/10
WoW01/06
↑2006年
------
WoW12/29
WoW12/26
WoW12/25
WoW12/24
MoE10/27
WoW10/09
MoE09/20
RO09/11
MoE09/11
MoE09/03
MoE08/29
MoE08/28
WoW08/27
MoE08/26
WoW08/25
08/24
01/09
01/07
↑2005年
-----
12/14
11/13後編
11/13前編
11/12
11/11
10/16
10/12
10/10
10/06
***に寄生中 
08/21
08/15
08/06
08/02
08/01
07/30
07/27
07/25
07/24
07/23
07/19
07/16
07/15後編
07/15前編
07/14
07/12
07/11夜
07/11
07/08
07/07
07/04
07/03
07/02
07/01
06/30
06/28
06/27
06/09
06/07
06/06
06/04
06/03
06/02
06/01
05/31
05/30
05/29
05/28
前書き